第1章 総則

 

第1条 (目的)

北海道女性企業家交流会エルクラは、北海道の女性経営者の情報交流、会員相互・地域社会の発展に貢献することを目的とする。

第2条 (事業)

本会は、第1条の目的を達成するための事業を行う。

第3条 (運営)

本会の運営は,一般社団法人北海道女性支援協会が行うものとし、一般社団法人北海道女性支援協会は会員管理、システム管理、会計管理、その他会に関わる一切の業務を行う。

第4条 (事務局)

本会の事務局は、一般社団法人北海道女性支援協会に置く。

 

第2章 会員

 

第5条(入会資格)

本会の会員は、北海道に本社又は営業所・支社等がある女性企業家もしくは経営者およびそれに準ずる者であると一般社団法人北海道女性支援協会が認めた者であること。また、エルクラの趣旨を理解し、品位・品格の向上を目指す志しのある者とする。

尚、下記の業種・業態の入会は不可とする。

1.ネットワークビジネス・マルチ商法・先物取引その類
2.宗教・暴力団関係
3.その他、会にふさわしくないと役員会が判断した業種

 

第6条(入会資格の定義)

1.経営者とは

企業(個人事業を含む)において、経営を行う者。個人事業は、個人事業開始届を提出していることを入会条件とする。

2.経営者に準じる方とは

(1)民間企業役職者の場合

従業員100名以上・・・課長以上
従業員30~99名・・・部長以上
従業員30名未満・・・取締役
上記を目安とし、決裁権のある者とする。

(2)行政機関役職者の場合

課長以上を目安とする。

(3)議員の場合

エルクラは、特定の政治活動には関与せず、中立を保つものとする。特定の政治活動の勧誘を目的と
した者は入会できない。

(4)上記以外

諸事情を加味し、エルクラ役員会(代表会議)により、入会の承認を得た者とする。

 

第7条(加入手続)

本会に加入しようとする者は同会員からの推薦を受け、加入申込書(様式第 1 号)を提出して、役員会の承諾を得なければならない。
加入申込者について、役員会が加入を承諾した場合は、加入承諾書(様式第 2 号)により、加入申込者に通知するものとする。

 

第8条(初期登録料及び年会費)

本会の初期登録料は20,000円、年会費は24,000円(消費税及び地方消費税含む)とする。

原則として年間一括納付(振込)とする。年会費の他、必要のあるときは、別途会費を徴収することがあり、その使途明細は役員会時に発表し、役員会の出席者過半数の同意を得るものとする。

初期登録料及び年会費は役員会の出席者過半数の同意を得ることで変更できる。年会費はいかなる場合があろうと返還しない。

 

第9条 (会員資格の退会および休会)

本会の会員は、下記の場合、役員会の出席者過半数の同意により退会とする。
1.規定の年会費を納めなかった場合。
2.会員に多大なる迷惑を与えた場合。
3.連続6回以上定例会に出席がない場合。
4.会員本人の退会申出があった場合。
5.但しやむを得ない事情がある場合は、役員会の決議により休会できるものとする。

 

第10条(退会)

本会を退会しようとする者は、退会届(様式第3 号)を提出しなければならない。未納会費その他本会に対して債務を負担しているときは、退会する日までに納入しなければならない。

 

第11条(会員の権利)

本会の会員は、定例会以外でも日常自由に交流するものとする。ただし、会の機密事項に関する漏洩を禁ずる。

 

第12条(会員の肖像権)

会員は、本会が撮影した動画及び画像について、放送・広告・印刷・商品・各種メディア(CD-ROM、インターネット等)、あらゆる媒体で無償使用されることに承諾するものとする。また、同意出来ない場合、入会時に肖像権使用反意書(様式第 4 号)を届け出なければならない。

 

第13条(会員の個人情報)

当会で得た個人情報は、本人の許可なく外部への漏洩を禁ずる。

 

第3章 役員

 

第14条(役員)

本会は、代表1名(本会を代表する役)・副代表1名(代表を補佐・代理し、総会・定例会・役員会の議事進行を行う役)・役員を若干名おき、会の運営を行う。

役員の任期は、満1年間とし、再選をさまたげない。

 

第4章 役員会

第15条(役員会)

役員会は、代表、副代表、一般社団法人北海道女性支援協会理事で構成する。

 

第5章 行事

第16条 (行事)

本会は、第1条の目的を達成する為、次の行事を行う。
情報交換、販売協力・支援・提携等のビジネスチャンスを広げる場として定例会を開催する。役員会で決定した事業計画に沿って、原則、奇数月に交流会、偶数月にセミナーを主とする交流会を行う。

第17条 (その他行事)

その他行事は役員会の議決をもって随時必要に応じ開催する。但し、会員は交流活動の中では自己責任において活動するものとする。

 

第6章 会則

第18条(会則の変更)

本会則の定めのない事項は役員会において出席者過半数の同意をもって決定し、会則改正、廃止等の場合も役員会の決議によるものとする。

 

附則

平成27年9月1日施行。
平成29年4月1日改定。
令和元年5月1日改定。